サラリーマン不動産投資 無料相談はじめました

【週次】スキル磨きは貢献するための自主練 2020/9/20-26

先週は、天気がグズつき、外を走ることがあまりできなかったが、英会話学習時間を増やし、徐々に定着してきた。英会話と相乗効果で、データスキルをもっと英語で学び、ひとつのスキルをプロレベルまでもっていきたい気がしてきた。

というのも、今週DAZN利用し始め、海外サッカーを見たり、TVでTEPPENピアノ王決定戦見たり、Theモーツァルト音楽王No.1決定戦見たり、キングオブコント見たりして、自分を磨き、人を熱狂させたり、感動させたりできるのすごいと感じたから。

データスキル磨き(長期)、データアナリストの仕事について、今週再考しようと思う。

総括

※プロジェクト計画はこちら

先週の評価
ダイエットPJ
(4.0)
英会話PJ
(4.0)
データスキルPJ
(2.0)
総合評価
(3.5)

各PJ目標設定でき、本格的に取り組みはじめた一週間。データスキルPJについては、自分のなりたい姿を再定義して、見直しが必要かもしれない。

ダイエットPJは、ランニング週2実施(目標週4)し、天気がわるいときに家でYoutubeを見ながら筋トレをはじめ、9月中の目標を達成できたから、評価4。

英会話PJは、レアジョブ週5実施、スタディサプリ1日1時間を週5実施できたから、評価4。

データスキルPJは、効果検証入門の参考書終わらせる予定が、1,2章のみ(全5章)だったので、評価2。

ダイエットPJ

重要指標:ランニングタイム

「目標1:2.6kmを15分でラン」を日曜日に達成!

ただ、翌日月曜日に走ったら、筋肉痛もありタイムは落ちていた。今の万全の体勢で走ったら可能なレベルなので、まだまだトレーニングが必要。

サブ指標1:ランニング日数

週後半、天気がわるく外を走れなかった。週3回は走りたい。

サブ指標2:筋トレ時間

Toggleを使って、時間を計測し始める。日々の計測をトレーニング項目ごとに変えよう(stretch & pushupなどの&を使うのをやめる)。現状は、走れないときにYoutube見ながら、楽しく筋トレしようぐらいなので、習慣化できてきたら、週間目標を設定する。

結果指標:体重

紫が体重推移

日曜日の66.7kgから、月曜日に65.7kgまで減少し、65.6kg〜66.1kgを推移。食生活改善+ランニング効果(有酸素運動)な気がしている。

英会話PJ

重要指標:レアジョブ英会話日数

5日。毎日実施できず。会社のスタディルームで実施するのが一番落ち着くが、家でも連続して受講するようになったのは大きい。だんだん楽しくなってきた気がしている。

予習復習時間は、毎回やると2.5時間が目標だから、2時間で土曜日の復習ができていないので、今日その分やろう。

重要指標:スタディサプリ学習時間

日曜日はじまりに設定して、目標を見やすくしたい。月〜土曜日で振り返ると、目標6時間に対して、5時間23分。火曜日サボった分を取り戻せず。

1日1時間が定着してきたので、質にもこだわっていきたい。学習記録をみると、木曜日から学習していたら、眠くなりオートリスニングに頼り出したので、1時間の内訳も考えていきたい。

データスキルPJ

  • 1章 セレクションバイアスとRCT
  • 2章 介入効果を測るための回帰分析

をRのコードを実行しながら理解。仕事のアプリサービスでは、基本はABテストでセレクションバイアスを避け、データだけあって事後評価だけしなければならないときに、回帰分析による効果分析を使用する。Rで「%>%」の書き方はじめて知り、便利に感じた。

さいごに

ダイエットPJ、英会話PJについては、計測しやすい指標で目標設定して、なりたい姿が自分の中でイメージできているので、振り返りもしやすく、セルフコーチングをしやすい

データスキルPJについては、思い通りに進められなかった。データアナリストとして名脇役と整理したものの、ビジョンが甘い。データアナリスト主語で考えたから。仕事主語で考えると、役割とかスキルとか、そんな重視していなくて、どんな世界を見たいかをイメージし、そのために必要なことはなんでもやるのほうがしっくりくる。

「人材の流動性が上がり、もっと働き方を模索しながらチャレンジできる社会」というHRサービスに転職して実現したいビジョンがあって、それが事業部のビジョンに重なっていて、仲間がいて、共通目標に向かう。あくまで、スキル磨きは、目標実現に貢献するための、自主練の位置付け。ビジネスとか、役割とか抜きにして、このビジョン実現に向けてできることをゼロベースで考えるのがいいのかもしれない。

先週のわかった
  1. なりたい姿がイメージできていると、PJが進む(Keep)。
  2. 計測しやすい目標は、PDCAを回しやすい(Keep)。
  3. スキル磨きは、目標実現に貢献するための自主練。何を実現したいのか?の視点が大事(Problem)。