サラリーマン不動産投資 無料相談はじめました

【週次】人と一緒に進むのが楽しい 2020/10/11-17

先々週の反省を活かし、土曜日パソコンを開かなかったら、新鮮な気持ちでまた一週間を向かえられそう。先週は、プロジェクトの進捗はいまいちだったが、同僚と帰宅ランニングしたり、不動産営業の人に会ったりして、やっぱり人と一緒に進むことが楽しい。野球マンガMAJORのシーンで、仲間がいてこその栄光を思い出した。人との関わりをつくっていくのが人生で、自分プロジェクトより上位概念。だから、人生を充実させるためには「人との関わり」視点でプロジェクトを見直したい。

先週の振り返りをしながら、プロジェクトの優先度を考えていく。

総括

※プロジェクト計画はこちら

先週の評価
ダイエットPJ
(2.0)
英会話PJ
(2.5)
データコーチPJ
(1.0)
総合評価
(2.0)

ダイエットPJは、週1回ランニングなので評価2。英会話PJは、レアジョブ英会話3回、スタディサプリ1.7hなので評価2.5。データコーチPJは、ほぼ進まなかったの評価1。

ダイエットPJ

重要指標:ランニングタイム

項目距離時間時速
先週8.52 km60分48秒7.07 km
先々週6.16 km38分46秒6.18 km
目標6.80 km40分00秒5.90 km

先週は、会社から同僚と帰宅ラン。走ったり、歩いたりして、走った距離・時間を計測。ひとりで走るより、よもやま話をしながらで楽しかった。週1で同僚と継続することに。先週はこの月曜日の1回のみ。

先々週同様、週後半天気が崩れたきたので、会社帰りにジムに行こうと用具をもっていくも、仕事後、気が乗らず。ジムに行ったほうがいいぐらいしか思っていないから行けなかった気がする。

ジムに行くことが習慣化しておらず、新しいジムに初回行くのに、動機付けが弱い。帰宅ランできるのは、電車の乗り換えがめんどくさい、人混みをなるべくなら避けたいと、日常生活の不を解消するためもある。ジムにいく習慣をつけるなら、体を鍛えるために、パーソナルトレーニングで、トレーナーの人にサポートしてもらったほうが楽しくできそう

結果指標:体重

紫が体重推移

先週、64.35kgを一度つけて、標準体重に。会社から走った翌日に66kgから64kg後半に大きく低下。その後、元に戻っているけれど。。。継続して食生活に気をつけて会社から走れば標準体重にはいきそう。

ダイエットPJ一旦終了

トレイランできる体を目指して、2020年12月までに11kmを60分で走れるようになることを目指して進めてきた。ただ、ひとりでトレイルランの大会に本気で出たいかと言われると、大会を調べて決めたが、その場で申込まなかったから、今は何か他の外的要因(友達との会話とか)があったら、出場する程度の気持ち。

食生活、帰宅ランは、日常生活改善だから継続して、習慣化できる。帰宅ランは少なくとも同僚と週一は行う。基本的な体づくりはしておき、人と関わりを持ちながら楽しめるものを、なにかしらのきっかけ(人との出会いや課題感だったり)ではじめる

体重は、68.80kg(8/31)から64.35kg(10/14)と、1ヶ月半で4.45kg減と標準体重まで減らすことができたから一安心。

英会話PJ

重要指標:レアジョブ英会話日数

項目レッスン日数
先週3日
先々週4日
目標6日

会社に午前中から出社していた日は受けられた。家でも積極的に受けるようにしたい。そのためには、会社と同様、始業前や昼休憩中とある程度、時間帯を決めておくのがよさそう。家だと、いつでもいっかと、予約する意思決定を後回しにして、予約するという行為を煩雑にしているから。選択肢が多いと、逆に決めきれないように。今週、やりながら予約ルールを決めよう。

先週の月曜日の授業、4日ぶりのレッスンで予習も不十分でディスカッションパートがボロボロだった。レッスンで会話を楽しむために、予習復習は必須でやるから、あえて別で予習復習時間を計測するのは終了。

重要指標:スタディサプリ学習時間

項目レッスン日数時間
先週5日1時間46分
先々週5日3時間28分
目標6日6時間00分

先週は、先々週から半分程度の時間であまりできず。自分の英会話PJの優先度が下がっていたことが原因。語学留学しようと目標にしているものの、コロナ禍もあり時期を決めておらず、その先も不明瞭。

だから、レアジョブ英会話を中心に進めて、スタサプもゲーム感覚でやり、英会話を習慣化しておいて、必要性に駆られたら、時間を増やして全力で取り組むようにする。スタサプに関しては、日常生活で無理なく習慣化することを目標にする。アプリ内に表示される連続学習日数の自己ベスト51日を超えるられるように。

データコーチPJ フェーズ1

直接的には、全く進まず。まだサービスページ作成できておらず。

統計学の外部講師の授業・準備に時間を使った。統計手法や理論も大事だが、もっとデータ分析実務を伝えたいと思い、データ分析講義を時間があるときに自分で作成してみたい。

何で分析するのか、分析したら何を変えられるのか、そのデータは何の目的に集めてきたのか、データはどのように抽出して加工するのか、データはどのように可視化するのか、目的のためにどういう切り口・手法で分析するのか、どのツールを使いこなすといいのか、を事例で

課題を解決して前に進むこと便利ツールを使いこなすことを重要視している。前に進めなさそうだったら、理論に立ち返り、他の手法や応用を学ぶ。その意味で、基本をひと通り学ぶことはプラス。

理論からではなく、イシュードリブンでデータ分析できるようになる支援をすることもデータコーチの役割か。講義となると、ある程度標準化しなければならないので、個々の課題に対応することが難しそう。個別対応だからできる気がする。普段、仕事で課題に対してExcelなどで集計していると思うので、それをBIツールを使ってより早くきれいに作成したり、統計などでより数値に根拠を持たせたりをできるようになるイメージか。

今週から、人との関わりをつくっていくという視点で、ダイエットPJ、英会話PJは、習慣化することを目標として優先度を下げ、データコーチPJの優先度を上げて取り組む。

さいごに

先週、不動産投資の営業の人と会って話したことが一番大きい。はじめての人と興味があることをディスカッションしながら、リレーションを築いていくの楽しい。過去に不動産投資を検討したことがあったが、人に会うまではしなかった。なんとなくゴリゴリの営業されそうな勝手なイメージがあったから。でも、今回会った方は、物腰やわらかく、何でも話してくれる方でイメージが変わった。

広く浅くインプットして自分の可能性を拡げておいて、人との出会いによって、きっかけづくりをして、物事とリレーションを深めていくのがいい気がする。なので、マインドの変化が一番の進歩だった。

先週のわかった
  1. 人と一緒に進むのが楽しいから、人との関わりを増やしていく
  2. 英会話PJ、ダイエットPJは習慣化を目標にして、データコーチPJの優先度を上げる
  3. 自分の可能性を拡げておいて、人との出会いをきっかけに深める