サラリーマン不動産投資 無料相談はじめました

人生の意味は問われている

ポジティブ心理学は「人間性心理学」の流れを汲んでおり、入門書を読んでいるときに深い言葉だなと感じたので、紹介します!

人生の意味は問うのではなく、問われていると捉え直すことで、人生の意味を考え続けるのが自然であると考えるようになったからです。

本書は、欲求段階説で有名なマズローなど人間性心理学者7名の理論が紹介されており、「人生の意味は問われている」はフランクルの言葉です。

われわれが人生の意味を問うべきなのではなく、われわれ自身が問われているものであり、人生がわれわれに出した問いに答えなければならないということである。そして、この人生の問いに答えられるようになるためには、われわれは自らの存在そのものについて責任を担わなければならないということである。

ヴィクトール・E. フランクル(2011)フランクル回想録

私たちが人生の意味を問うのではなくて、私たちが人生の意味を問われています。自分自身がいかに生きるのか、その生き方からどのような意味を見出すのか、それが人生から私たちに与えられた課題ということです。

人生の意味を問うことは、既に答えがあり、人生があらかじめ決まっているかのようです。しかし、私たちは自らの可能性を選択して人生を切り拓き、自らの選択に責任をもちます。つまり、人生の意味を見つけ出す責任は、私たち自身にあるということです。

人生の意味は、人生から私たちに与えられ、自分自身で選択して解いていける課題だからこそ、やりがいがあります。一生涯をかけて取り組む課題でもあるので、生きがいでもあります。そして、晩年振り返ったときにその答えが見えてくるのではないでしょうか。