サラリーマン不動産投資 無料相談はじめました

人生の目的はひとつではない!自分プロジェクトの連続である

プロコーチになろうと、コーチング・トレーニングプログラムを受けているときに「人生の目的」という言葉に違和感を抱き、モヤモヤの原因を考え抜いた結果、「人生は自分プロジェクトの連続である」という考えに至りました。

人生の目的に違和感

周囲への影響をイメージし人生の目的を探るワークで「内なる価値観を湧き上がらせる青い炎」と人生の目的を設定しました。しかし、自分のあり方としての「青い炎」はしっくりくるものの、周囲への影響としての「内なる価値観を湧き上がらせる」が腹落ちしませんでした。

「今」人材サービスに関わりコーチングに興味をもっている自分の目的であって「一生ではない」と感じたことと、具体性に欠けることからです。

時代の変化が激しく便利な世の中で、様々なチャレンジをしていたいので、「人生の目的」という言葉に自分自身を単一の枠に納めなければいけないと否定的な印象を受けてしまいました。

自分らしく生きるとは自分プロジェクトを進めること

コーチングで実現したいことは、自分らしく生きるきっかけになることです。

自分らしく生きるも漠然としているなと感じ、再考しました。

生きるって何だろう?難しく考えると様々な解釈がありますが、主体的な行動重視で考えると、自分にとって生きるとはプロジェクトを進めることです。

自分らしくって何だろう?直ぐに頭に浮かんだのは、自分が生き生きしている姿でした。自分が生き生きするのは、自分の価値観に合った活動をしているときです。

まとめると、自分にとって自分らしく生きるとは自分の価値観に合ったプロジェクト(自分プロジェクト)を進めることです。

「内なる価値観を湧き上がらせる」は人材サービスに関わっている自分にとっての1つのプロジェクト目的と捉えるとしっくりきました。

人生は自分プロジェクトの連続である

画像3

人生は木に例えられると考えました。

葉は成果です。葉緑体が光合成で二酸化炭素を酸素に変えるように、不をなくし人の役に立つものを生み出します。利他にならないものは成果ではなく、葉緑体は備わっているものなので、人の役に立とうと意気込む必要はないと思います。

枝は自分プロジェクトです。1つのプロジェクトから枝分けれし次のプロジェクトにつながります。例え失敗しても幹に戻って次のプロジェクトを開始します。枝は多いほうが、葉がなる可能性も増えるので、積極的にチャレンジします。

幹は自分の価値観です。枝や葉が育つほど幹が太くなるように、自分の価値観が強化されていきます。また、成長につれて年輪が増えるように、新しい価値観も身についていきます。

根は無意識の領域です。地中にあり見えないけれど木全体を支えています。

自分の行動で変えられるのは、自分プロジェクトだけなので、自分プロジェクトを進めることに集中して、大樹を目指します。

さいごに

ひとつの目標を立ててひたむきに向かうのも美徳な気もしますが、現代は便利なサービスがたくさんあるので、昔人生をかけて取り組んでいたものを達成するスパンが短くなっていると感じています。だからこそ、自分(の価値観にあった)プロジェクトを何個も実行できると思います。

他人が決めたプロジェクトではなく、小さくても自分で決めたプロジェクトを始動しましょう!