サラリーマン不動産投資 無料相談はじめました

スキル磨きは仕事で生かせるからこそ!仕事の意義を考えてみた

データスキルを磨くプロジェクトを思い通りに進められなかったことから、仕事の意義について考える。原因は、スキル磨きは、チーム目標実現に貢献するための自主練の位置付けで、スキル磨きだけは動機付けできないこと。サッカーで試合がないのに、自主練だけやり続けるのは難しいように。

【週次】スキル磨きは貢献するための自主練 2020/9/20-26【週次】スキル磨きは貢献するための自主練 2020/9/20-26

また、英語コーチングのセミナーを受けて、自分はどちらかというと「山登り型」より「波乗り型」。一からコツコツ事前に準備しとくよりは、課題にぶつかって肌で感じて、解決するために計画して、最速で全力で取り組むスタイルのほうが合っている。だから、データスキルPJについては、本当に必要になったときに都度取り組む。

新しいPJに取り組むため、停滞原因であった仕事の意義について考えを整理する。

仕事に求めていること

やりがい、お金、安定など一般的なことは実感がわかないから、自分にとってわかりやすい部活で考える。高校のサッカー部が一番充実していたと感じており、達成感、仲間、成長など、仕事に求めるものが、ほぼあると思うから。全体感イメージは下式。


仕事 = 部活動 ー 運動 + 知的労働 + 社会への影響

仕事は、部活動から体を動かす割合が減って、その分頭を動かす割合が増えて、社会へプラスの影響を与えることができる。

社会へのプラスの影響を与えるビジョンを描き、ビジョンが重なる組織に属し(組織をつくり)、組織の目標達成に向けて、仲間と協働し、チーム貢献するために自主練(スキル磨き)する。目標達成したときの達成感も好きだけど、目標達成に向けて、仲間と活動しているときが一番充実感がある。

組織に求めること/個人で追求すること

キーワードを、組織に求めること(個人で変えられない、変える立場になるか、組織を変えるか)と個人で追求するもので整理。

組織に求めることビジョン、ビジョンに向かうチーム共通目標、仲間
個人で追求することチーム目標達成への貢献(達成感)、仲間との協働(充実感)、個人のスキル磨き(成長)

組織のビジョン、ビジョンに向かうチーム共通目標がいかに大事か。そこがないと個人で追求するものはない。

さいごに

現状、「人材の流動性が上がり、もっと働き方を模索しながらチャレンジできる社会」というHRサービスに転職して実現したい個人ビジョンと事業部ビジョンは重なっているものの、担当サービスが変わり、サービスのチーム目標を達成することで、事業部ビジョンに近づくと同時に個人ビジョンにも近づくストーリーを、自分で描けていないことが一番の課題か。

そこさえクリアになれば、チーム目標達成に貢献するために、もっと積極的に仲間と協働し、個人のスキルも磨き、達成感・充実感・成長が得られる気がする。